toggle
2021-12-23

部下の心に寄り添う傾聴力

コーチング・スキルと聞くと、多くの方が 「傾聴スキル」を思い浮かべるようです。
良好な人間関係を築くためには、絶対に欠かせないコミュニケーション・スキルの一つ。

ただ、多くの場合、私たちは情報収集のために人の話を聞いています。


自分にとって必要な情報を集めるために

問題解決や何か決断をするために

質問をしながら 相手の話を聞いています。

一方、 「相手の心に寄り添う傾聴」とは
目の前の出来事よりも、その奥にある相手の想いや願いに意識を向けます。

聴き手は、自分が欲しい正解を手放し、代わりに相手への好奇心を持ち続けて関わります。

「正解は一つではない」
「人の数だけ正解はある」

自分の正解に固執せず、他者の正解にも好奇心を持って、聴くことを楽しんでみませんか。


自分の枠も、相手の可能性も広がる感覚を味わってみて下さい。

研修プログラム(例)

  1. 傾聴とは?
  2. あなたにとってのグッドリスナー
  3. コーチング・スキル トレーニング
  4. 本心を引き出す関わり方

本研修では、評価、判断、否定のない安心な場で
コーチング的な関わり方を体感して頂きます。

実際に体験し、味わい、
内側から湧いてきた気づきを深めるワークなので
無理なく行動に結びつけて頂けます。

受講者の感想

  • 聴き方によって、話す側の満足度が全く違うことに気がついた。
  • 忙しくて余裕がない時ほど、優しい表情で声掛けしていきたい。
  • 真っ直ぐ伝えるだけでなく、受け入れやすく伝えることの難しさに気づいた。
  • 相手の表情や場の空気を意識すると、会話の情報量が増える気がした。
  • 相談しやすい環境を作ることが大切と感じた。
  • 結論を急いでしまう傾向があるので、まずは話を聴くことを意識したい。
  • 研修前より 前向きな考え方になり、自信が持てるようになった。

企業の状況や要望に合わせ、研修時間や内容をカスタマイズさせて頂きます。


お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他の研修は こちら

    関連記事