toggle
2019-12-30

外国人労働者および受入れ側 企業向け研修

グローバル・コミュニケーション研修

外国人労働者を雇用する企業向け研修です。

労働力不足から、外国人技能実習制度の活用により

年々、中小企業のグローバル化が進んでおります。

異なる文化・習慣を持つ人たちと協働する機会が増える一方、

コミュニケーションへの不安や不満の声も上がっております。

国籍にこだわらず、個性や多様性を尊重し

全ての人にとって働きやすい職場づくりを学びます。

地域、企業に根付かせるためのフォローアップ

外国人労働者は、現地や日本国内で基礎研修を修了してきます。

しかし、実際に企業で就労し、その地域性や社風に慣れるまでには

きめ細かなサポートとフォローアップが必要となります。

「郷に入れば、郷に従え」 だけでは

自分の能力や強みを発揮できずに

意欲やモチベーションの低下を招いてしまいます。

生活やビジネス習慣への戸惑い、不満など

安心して話せる上司や同僚との関係性を構築していきます。

コーチングで本来の輝きを引き出す

コーチング理論、心理学をベースに

自己理解、他者理解、相互理解を促します。

人が本来持っている素晴らしい個性や多様性にフォーカスし

全ての従業員にとって 安心安全な職場づくりを学びます。

コミュニケーション活性化のメリット

社員間のコミュニケーションを活性化することは

職場環境の改善にとどまらず、企業にとって大きなメリットがあります。

・適切な情報共有による業務の効率化

・得意・強み フォーカスによる生産性の向上

・人間関係の改善による離職率の低下

・顧客との関係性向上による顧客満足度アップ

きめ細かい 3段階の研修

対象者毎にステージに分けて行うことにより

より効果的に グローバル・コミュニケーション力を習得することができます。

  • Stage1.外国人労働者 対象(3時間)
  • Stage2.受入側の日本人 対象(3時間)
  • Stage3.合同研修(2時間)

全ステージとも 参加型ワークショップを中心に

すぐに実践できるコーチング・スキルを楽しく身につけて頂きます。

研修プログラム(例)

1.多様性の受容と活用

2.互いの文化・習慣の尊重

3.コーチング・スキル トレーニング

  ・傾聴・反映・認知・励まし・拡大質問 など

4.コミュニケーション・タイプ別アプローチ

  ・ケーススタディ

5.日本のビジネス文化・習慣(外国人労働者対象)

企業の状況や要望に合わせ、研修時間や内容をカスタマイズさせて頂きます。

お気軽にご相談下さい。

松田友理江コーチングオフィス

代表 松田友理江

プロフィールは こちら

https://www.facebook.com/yurie.matsuda

お申込み・お問合せ

ご質問やリクエストなど、お気軽にお問合せ下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です