toggle
2020-08-31

英語×コーチングは「願い」への入り口_松田友理江コーチングオフィス@山形市

【英語×コーチング】を始めて

クライアントの本質的な願いを

より愛おしく感じています

「1人で海外旅行に行きたい」

「英語でプレゼンがしたい」

「字幕なしで洋画を楽しみたい」

「英語力を上げて昇格したい」

英語学習の目的として語られる

クライアントの言葉は

本当の想いです

ただ、多くの方がその奥に隠れている

本質的な自分の願いに

まだ気づかれていない気がします

英語力を身につけることで

何を手に入れたいのか?

どんな自分になりたいのか?

どう社会と関わっていきたいのか?

どんな未来を創造したいのか?

これらの問いに答えても

心の奥にしまい込まれた

本質的な願いに辿り着くことは難しいでしょう

本質的な願いを叶えるためには

人は変わる必要があります

変わるためには

リスクを受入れ

安定を手放す勇気と覚悟が必要です

しかし、人間には安全で快適な領域に留まろうとする

本能と機能が備わっているため

無意識のうちに本質的な願いを

心の奥底にしまい込んでいます

そして、人間の脳は

新しい行動やチャレンジに

全力で抵抗し

止めさせようとしてきます

これが「挫折」のメカニズムです

コーチング・セッションでは

その目的の奥にある本質的な願いを

クライアントと共に探っていきます

これは英語学習だけでなく

どんな夢や目標でも変わりません

コーチの役割は

クライアントが安全領域から

一歩踏み出すきっかけを作ること

クライアントの可能性を信じきることで

自分自身を信じる勇気を与えること

一人では達成できない夢や目標でも

コーチの伴走があれば必ずゴールできる

その理由はここにあると考えています

今、言葉で語っている様々な夢や目標は

全て本質的な願いに繋がっています

きっと、それは人生の目的であり

この世に生まれてきた意味だと思っています

コーチングに持ち込まれる様々なテーマは

その一つの「入口」です

その入り口をきっかけに

心の奥にある本当の願いを探ってみませんか

パーソナル・コーチング こちら

英語×コーチング こちら

松田友理江コーチングオフィス

代表 松田友理江

関連記事