toggle
2021-01-20

自分らしくいるために

昨日、2つのコーチング・セッションを行いました

一つは、私が受けた「私のための」セッション

二つめは、コーチとして「クライアントのため」のセッション

コーチング・セッションでは、クライアント自身が

その日のテーマを決めて持ってきます

今日の私のテーマは

【コーチとして、どうありたいか】

プロフェッショナル・コーチの学びを始めてから

何度も何度も、向き合ってきた…

向き合わされてきた難しい問い 

唯一不変の正解はないと感じつつも

現時点の自分の答えに出逢いたくて

マイコーチと自分の心を旅してみる

【どうありたいか】の答えには辿り着かなかったけど

【どんな想いを伝えたいか】は見つかりました

自分の本当の想いや願いに気がつき

そこに向かうために必要のないものを

どんどん手放していって欲しい

視界を遮るもの

感度を弱めるもの

心を惑わせるもの

そんな不要なものをそぎ落として欲しい

シンプルで整った空間(スペース)に残された

本当に必要で大切なもの

それらと 誠実に丁寧に向き合っていけば

迷いや不安、恐れなく

心穏やかに、そして力強く進んでいける

私はプロコーチとして、こんな想いを伝えていきたい

シンプルに生きて欲しい

でも

「本当の想いや願いに気づく」

言葉にすると、とても簡単に聞こえるけど

そこで出逢う感情は

歓びや楽しさ、希望、期待などの

心地よい感情ばかりではないはず

直視できず、認めたくなくて               

あえて蓋をしてきたネガティブな感情もあるはず

それでも、きっと

自分らしく生きるために

充実感に溢れた人生を送るために

自分を好きでいつづけるために

怖いけど、必要なプロセスであると信じています

コーチの役割は、そのプロセスに 共にいて

クライアントが忘れてしまった資質や強み

まだ気がついていない可能性

ゆっくりでも 成長している軌跡

目指す場所に広がっている美しい景色

それらを 目の前に映し出すこと

そう考えています

2つめの コーチとしてのセッションで

そんな想いを伝えられたかどうかは、分かりません

でも、それでいいと思っています

コーチングは クライアントのための時間

コーチが伝えたい想いは全く重要でなく

クライアントが望む世界を手に入れるために

自分らしく輝いて生きていくために

コーチは リソースをフル活用して全力で応援する

私がコーチとして【伝えたい想い】は

私の在り方(being)であり

私が【私らしく】いるための礎

=== 今日の設問 ===

「自分らしくいるために 何を大切にしますか?」

松田友理江コーチングオフィス

代表 松田友理江

お問合わせ は こちら

    関連記事