toggle
2020-03-04

原動力となる思い込み

『思い込み』と聞くと、どんなイメージが浮かびますか?

コーチング・セッションで『思い込み』という言葉を

何度も口にされていたクライアントさんに

セッション後の『設問(宿題の問い)』として

「あなたにとって、思い込みとは?」の問いをお渡ししました。

一般的に『思い込み』は

ネガティブな意味合いで使われることが多いような気がします。

ビジネスでは

パラダイム シフトで、固定観念や常識を捨てる など

現状打破の策として利用されることも。

私は、アインシュタインの名言が思い浮かびました。

『常識とは 18歳までに身につけた偏見のコレクション』

セッションの一週間後、クライアントさんが提出して下さった

『心の準備シート』には

新しい視点からの気づきが綴られていました。

※ご本人の了承を得て、投稿させて頂いております(抜粋)

 * * * * *  * * * * *  * * * * * *  * * * * *

【あなたにとって 思い込みとは?】

思い込みは、自分だけの偏った価値観と

悪いことのように感じていた。

ある本の『誰でもパラダイム(思い込み)に基づいて生きている』という言葉が目に入ってきて

パートナーが『物事をする時に思い込みがないと進まない』と言った。

あ~~~、確かにそうだ! 

私も『良いもの』だという思い込みがあるから

これまで色々なことを学んできた!

思い込みって、私の背中を押してくれるものなんだ!って思えた。

あとはバランスだな~。

何とのバランス? もう少し考えてみよう。

* * * *  * * * *  * * * * *  * * * *

理想の自分に近づくプロセスで

障害物やブレーキのような存在と捉えていた『思い込み』

新たな視点からの気づきで

原動力にもなる力強いパートナーになったようです。

『今、この瞬間から創る』

コーアクティブ® コーチングでは

コーチの想像を遥かに超える 気づきや学びを

クライアント ご自身が 導き出してきます。

この予測不可能なライブ感がたまらなく好きです。

松田友理江コーチングオフィス

代表 松田友理江

関連記事