toggle
2020-03-17

サボタージュ_松田友理江コーチングオフィス@山形市

新しいことにチャレンジしたり

見知らぬ世界に飛び込むことは

とても勇気が必要です

そして、リスクを恐れ

自分の可能性を放棄し

安全な現状に留まろうとする

そんな時に現れるのが「サボタージュ」です

「サボる、怠ける、放棄する」

という意味で使われることが多いですが

コーアクティブ・コーチング®では「自己制限的思考」と呼び

「今のままの方が安全だよ」

「失敗したらどうするの?」

「何が起こるか分からないよ」

と、「私」を守ろうとする「もう一人の私」が

新たな行動にストップをかけようとする思考

また、これまで続けていたことを

やめることによって起こりえるリスクを避けるため

「やめない」ように働きかける思考でもあります

もちろん、様々な視点から熟考して

「慣れ親しんだ環境」を選択するのは良いでしょう

重要なことは

本当に自分が望んでいる選択なのか

サボタージュによって選ばされている状態なのか

そこを見極めることだと思います。

ご自身の価値観や信念にそって歩き出した

クライアントさんの気づきです(抜粋)

※ご本人の了承を得て、投稿させて頂いております

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

【今回のセッションでの学びや気づきは?】

今回もコーチの温かい空気に包まれて

職場での実践や、今の仕事について長々と話したが

最後は

「カラを破りたかったんだ!」

「チャレンジしたかったんだ!」

「コンフォート ゾーンから飛び出したかったんだ!」

というところに行きついた

そういえば、2年前の夏、

私が大切にしたいことは「自由」だった

そのことは意識していたけれど…

今日 改めて、もう充分頑張ったし

「今の組織の中で生きる生活を手放していいんだ」

「これから自由に生きたいように

愛の選択をしながら生きていきたい」と思えた

今の仕事を続けていくのは

「安定した収入が得られなくなる」

「肩書きがなくなる」

という恐れの選択なのかもしれない

それなら手放した方がいいかもしれない

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

=== 今日の設問 ===

「本当に恐れているものは何ですか?」

松田友理江コーチングオフィス

代表 松田友理江

関連記事