toggle
2020-03-30

謙遜と卑下_松田友理江コーチングオフィス@山形市

「謙遜」とは

控えめな態度で振る舞うこと

適度な謙遜は 相手に好印象を与えるでしょう

一方、「卑下」は

自分を 他人より劣った存在として扱うこと

これまでの努力や がんばりを

一番よく知っているはずの自分から

もし、そう扱われてしまったら…

悲しみで 心が押し潰されてしまうかも知れません

他人が認めてくれない時でも

思い通りの結果が出せない時でも

自分だけは

無限の可能性がある自分自身を

信じてあげて欲しいと思います

心が喜ぶことに目を向け

「自分自身に誇れる」生き方を選択したクライアントさんの気づきです(抜粋)

※ご本人の了承を得て、投稿させて頂いております

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【今回のセッションでの学びや気づきは?】

「新人だから」とか「経験が少ない」とか

自信が出ない状況をつくり

また言い訳をしていたのだと思う

「謙遜」ではない「卑下」の態度を

ずっととっていたことは

クライアントさんに対しても

自分自身に対しても失礼なことだったと申し訳なく思う

プロとしての覚悟が出来ていなかったことを

改めて思い知った

私が好きなことを

思う存分極めていけるチャンスをつかんだのだから

今までの、そして これからの学びや経験を

心から楽しんでいこう思う

「周囲と比べて」ではなく

「自分自身に誇れるような」

そんな日々を送っていきたいと思っている

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

=== 今日の設問 ===

「あなたの心が喜ぶことは何ですか?」

松田友理江コーチングオフィス

代表 松田友理江

関連記事